40代で未経験から始める建設業の仕事。種類や仕事内容

転職・未経験 40代/建設業

40代で建設業での仕事に就こうかと考えている方へ。

未経験でも務まるのか?
雇ってくれる会社はあるのか?
収入はどれくらいなのか?

40歳を過ぎて、新しい業種・業界へ飛び込むのは精神的にも負担が大きいと思いますが、「建設業の仕事」といっても業種は様々、仕事内容や稼ぎも様々です。

こちらでは40代、未経験で転職・就職するならどんな仕事があるのか?
収入やメリット・デメリットなど、そしてより良い就職先を探す方法などもご紹介しますので、参考にどうぞ

建設業への転職。40代から就職できる求人ってある?

40歳を過ぎると転職が難しくなる。というイメージを持っている方は多いでしょう。

一昔前は40代は難しい。30代後半になるともう転職は厳しい。
という見方もあったと思います。

しかし、近年は特に建設業界は深刻な人不足です。

様々な求人広告を見ていますが、建設業なら40代でも就職できる会社はあります。

未経験でも転職できる?

若い人よりも転職で選べる会社は少ないでしょう。

また、経験者の方が優遇されるのは仕方のないことですが、未経験でも歓迎してくれる会社もあります。

また、募集要項に年齢の記載がない会社でも、
案外、面接してくれる会社もあるはずです。

建設業は、それほど人材確保に困っている会社が多いです。

建設業の仕事の種類。

work
ではここから、40歳以上、40代の未経験者の転職に向いている建設業をご紹介します。

塗装工

給料日給8,000~18,000円
月給20~50万
仕事内容塗装の仕事は建築のほか板金塗装や金属焼付塗装などもあります。
建築系は新築より壁や屋根の塗り替えリフォーム工事が割合的に多い傾向

クロス

給料日給8,000~18,000円
月給16~60万
仕事内容クロス職人は、住宅やマンションなどの壁にクロスを貼る仕事。
新築はそのままクロスを貼りますが、リフォーム物件は剥がす→下地処理→貼るの工程の違いが。

内装業

給料日給8,000~18,000円
月給16~60万
仕事内容一般住宅からマンション、店舗などまで新築・リフォーム物件の床や壁などフローリングやクロスを手掛けます。

設備・配管

給料日給8,000~20,000円
月給16~50万
仕事内容設備は水道のポンプやビルの自動給水装置や、住宅やマンションの給排水・空調など取り付け・メンテナンス・保守点検など会社によって仕事内容は様々。

左官・タイル・ブロック

給料日給8,000~18,000円
月給20~50万
仕事内容ガーデニングの平板や土留め、塀のブロック積みやインターロッキングの敷設など、コンクリートを用いた外構工事。

造園

給料日給8,000~16,000円
月給20~45万
仕事内容公園の管理や宅地・緑地帯などの植樹や除草作業、または個人宅や街路樹の剪定・植栽など。
会社によって公共工事と民間工事。

解体

給料日給8,000~16,000円
月給20~45万
仕事内容一般住宅のほか工場や店舗、学校、病院など建物を解体する仕事。

舗装工

給料日給9,000~16,000円
月給20~40万
仕事内容道路やマンション・店舗の駐車場や住宅の庭などのアスファルト舗装工事

土木作業員

給料日給8,000~13,000円
月給16~30万
仕事内容土木作業員は、道路工事のほかに橋(新設や耐震補強)・トンネル・河川・ダム・道路(国道・道道など)・下水道・ゴルフ場など多岐に渡ります。

警備員

給料日給8,000~10,000円
月給16~25万
仕事内容建設系の警備員は、建築現場の出入り口の警備や道路工事の誘導など。他に店舗やイベント警備なども。。

大型ダンプ

給料日給8,000~15,000円
月給20~35万
仕事内容応募条件に大型免許が必要になりますが、土木・舗装の現場に土やアスファルトなどの骨材を運搬する仕事。。

※給料は求人サイトを参考。地域や会社によって変わります。

独立しやすい建設業

独立しやすい建設業ってどれ?土木と建築では独立・起業の方法が違う。

2019年7月24日
40代から始める土木の仕事

40歳からでも土木や舗装の仕事はできるか?大変な点も答えます。

2019年8月13日

土木業と建築業の仕事の違い

コンパネにインパクトドライバーで釘を打っている様子
建設業の中でも、土木と建築は働き方や将来の独立の仕方が変わってきます。

向き不向きもあると思いますので、土木と建築の違いをここでご紹介しますので参考にしてみて下さい。

土木業は複数人で仕事をするのが基本

土木系は、土木・舗装・造園・解体などの業種がありますが、基本的に現場の施工は2~5人。多い場合は10人以上で1つの現場をこなします。

グループで働く仕事です。
未経験者は土木や舗装であれば4tダンプの運転やスコップ、一輪車(ネコ)で土やアスファルトの運搬などが主な仕事になります。
解体工事は重機の手元やダンプでの運搬など。

建築系は、一人親方も目指せる

建築系は、大きな工事を受注し会社として職人をたくさん抱えている企業もあれば、一般住宅に関わる仕事は一人親方として独立している業種も多いです。

5年から10年で職人へ

基本的にどの業種も5年から10年で職人といわれるようになりますが、本人の努力と会社によって大きく変わってきます。

積極的に育ててくれる会社もあれば、いつまでも手元のような下っ端仕事しかさせてくれない会社もありますので、見極めが必要。

40代から働くのにおすすめしない建設業の業種とは

現場の仕事は体力を使いますから、最初は筋肉痛になったりツラいと感じることもあると思いますが、3ヵ月もすると体は慣れます。

しかし、とび職は若い人が多い傾向にあります。
40代からの転職はおすすめしません。

70歳以上は足場に登れない現場も

現場の仕事は手に職がついて体が動けば、70代でも働いている人がいます。
しかし、ビルやマンションなど大きな現場では足場に上るのに年齢制限がある場合も。

シニア世代になっても続ける意思があるなら、内装系や土木系が良いかもしれません。

40代から現場で働く建設業のメリット

40代から建設現場で働くメリットをご紹介します。

未経験でもある程度稼げる

建設業はほとんどの業種で、未経験でも20万以上は稼げます。

職人になれば業種によって30万~50万くらいは稼げるでしょう。

飯が旨い

汗かいて働くのでご飯が旨いし、仕事終わりの酒も旨いです。

手に職がつく

手に職がつくので、自信に繋がるでしょう。

また、どこも人手不足ですから同業種での転職もしやすいです。

一人親方として独立や起業も夢じゃない

建築系は10年くらいで独立する人も割と多いです。

定年を気にせず70代まで働ける

独立している人はもちろん、明確に何歳に定年と定めている会社は少ない印象。

80代の人は見たことありませんが、70代でも現場で働いている人は見かけます。

40代から現場で働く建設業のデメリット

続いて、40代から建設の現場で働くデメリットにも触れておきましょう。

体が資本

現場仕事は体が資本です。

サラリーマンだって体を壊せば働けなくなるのは同じですが、日給月給の場合だと1日1日の働きで給料が決まるので、休むと収入が途絶えます。

日雇いの会社もある

建設現場の仕事は、日給月給のいわゆる日雇いと月給制の正社員雇用を行っている会社でわかれます。

日給月給制だと社会保険などの福利厚生もないため、正社員雇用の会社を選びたいところですね。

日雇い・正社員。収入/待遇の違い

日給(日雇い)と月給(正社員)の違い。知っておきたいメリット・デメリット

2019年9月1日

40代がより良い転職先を探す求人情報とは

複数の選択肢から一つ選ぶ。イメージ
最近では、ネットで求人エージェントが仕事を見つけてくれるサービスがあります。

求人誌や無料の求人広告だけでは、情報も多いけど詳しい実情が分かりにくく、なかなか1社に決められないと感じている方も多いでしょう。

そのような方に、あなたに合った求人を見つけて転職を支援してくれるサービスがあります。

無料なので登録しておくと良いかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?
40代の転職は、年齢的に難しい…というよりも、気持ちの問題かもしれませんね。

また、求人広告を見ると沢山ありますが、建設業は朝が比較的早いですから通勤のしやすさも大事です。

自分に合った会社や好条件の求人を探すなら、転職エージェントに登録してみるのもおすすめです。

無料ですし、エージェント経由の求人は、募集している会社が求人にお金を掛ける意思がありますから、人の大切さを知っているはずですから。すでにネット上に出ている求人より良い条件で見つかるかもしれませんよ。

独立しやすい建設業

独立しやすい建設業ってどれ?土木と建築では独立・起業の方法が違う。

2019年7月24日
土木作業員、定年って何歳?

土木作業員の定年はいくつ?60歳65歳を超えても続けられる?

2020年1月3日
腰

土木・建築など肉体労働を始める人に注意してほしい腰痛のこと

2019年6月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)