施工事例の見せ方・書き方。集客に繋がる基本構成と流れ

施工事例 見せ方・書き方

こんにちは。

橋と申します。

こちらの記事では、建築・土木業のホームページ向けに
施工事例の見せ方、書き方について具体的な事例とともにご紹介していきます。

施工事例ページが写真だけだったり、完成写真だけで説明もなかったり…

そのような会社って結構多いんですよね。

モッタイナイですし、私の制作させて頂いた会社でも実際に施工事例ページを読んでもらえるコンテンツに変えたところ、PV(ページビュー)も問い合わせ件数も増えています。

PVとは
ページビュー(PV)とは、何回表示されたか。
対してユニークアクセス(UU)は何人訪れたか。
HPに100人(UU)訪れて150回(PV)表示されたら、1人あたり1.5ページ見ている計算になります。

自社で作成・運営している会社、またはホームページ制作会社に管理や更新も任せている会社もあるでしょう。

しかし、HP制作会社もピンキリですし
施工事例を掲載するような建築土木業のホームページになれていない会社もあります。

施工事例の見せ方は集客にも効果的ですので、自社でホームページを運営されている会社さんは特に参考にして頂ければと思います。

あと、こちらにFAQの作り方をご紹介していますので、お時間があるようでしたら合わせて参考にどうぞ。

FAQページ。作り方

FAQの作り方。問い合わせが増える「よくある質問」ページとは

2019年10月10日
コーポレートサイトにおすすめ。ワードプレステンプレート

SEO内部対策済みの企業ホームページ向けワードプレステンプレート無料&有料おすすめ9選

2020年3月7日

施工事例の目的

ソファーでスマホを見る女性

施工事例を掲載する建設会社は多いですが、中には写真だけ掲載している会社や、完成写真だけを並べて掲載している会社もあります。

なんだか素っ気無いですよね。

百聞は一見に如かずといいますが、どんな工事をしたのか、完成写真はどんな風に変わったのか。

ビフォーアフター写真共に、

  • どんな工事だったのか
  • どんな部分にこだわったのか
  • お客様のどんな要望に応えたのか

など、わかりやすく説明した方が良いです。

施工事例ページは、施工事例を紹介するだけではない

なぜ、施工事例ページはわかりやすい方が良いのかというと、
他のライバル会社との差別化をはかる目的もあります。

わかりやすく丁寧に説明したり、お客様のどんな要望にどんな形で応えたのか。
詳しく説明することで、

親身になって工事してくれそう
とか
この会社なら安心かな

という気持ちを持ってもらうことです。

まずはお問い合わせをもらうことがホームページの役割ですから、
まだ直接対面していないホームページでは親身になってくれそうな印象を与え「ここに相談してみよう」と思ってもらうこと大事です。

実際、建設会社のアクセス解析を見ていると、施工事例ページを見る方は多いです。

施工事例写真はカタログ

あと一つ注意点を加えると、施工事例の写真です。

建築土木の現場では、施工している間に資材に傷がついてしまうことはあるあるかと思います。

しかし、施工事例に載せる写真に関しては、無傷で綺麗な仕上がりの写真を掲載しましょう。
お客様からみたら、施工事例の写真はカタログ写真のようなものです。

実際の現場ではクレームにならないようなレベルでも、傷ついたり一部破損していたリ、たとえお客さんが誤って傷をつけてしまった場合でも、そのような写真は載せない方が良いです。

カタログ写真だとすると、カタログ(他のお客さんの写真)では傷ついているのに「あなたには綺麗な仕上がりを約束します」といっても説得力がありませんよね。

工事中から施工事例用に写真を撮りためていたとしても、完成写真に問題があれば掲載は控えた方が良いです。

施工事例の見せ方。基本的な5つの流れ

5step

さて、ここで具体的な施工事例の見せ方をご紹介したいと思います。

施工事例は下記のような流れで写真と文章を掲載すると良いです。

施工事例の基本的な流れ
  1. 完成写真
  2. 具体的な施工内容
  3. ビフォー・アフター写真
  4. お客様の要望・担当者から
  5. 施工の流れ

当社で数年前に作成した舗装業のホームページですが、掲載許可を頂いているので実際の掲載例とともにご紹介します。

一つの例としてご覧いただければと思います。

まず全体の流れをご覧いただいてから、具体的に解説していきます。

施工事例ページのキャプチャ画像に解説文を記載した写真

1.完成写真

記事にはタイトルが入りますので、まず工事内容がわかるように記事タイトルを入れます。

そして、最初に完成写真を掲載します。
まず最初に結果を紹介します。

2.具体的な施工内容

続いて、具体的な工事内容を解説します。

どんな工事なのかを具体的に簡潔に説明します。

3.ビフォー・アフター写真

簡単に工事内容を説明したうえで、ビフォーアフター写真を見てもらいます。

このビフォーアフター写真で違いを視覚的に理解してもらいます。

4.お客様の要望・担当者から

この部分は、「お客様の要望」か「担当者から」なのかはどちらでも良いと思いますが、

  • どんな要望を頂いたのか
  • どんな提案をしたのか
  • どこにこだわって工事をしたのか

など、簡単に説明します。

5.施工の流れ

続いて、施工の流れを写真と共に解説していきます。

3枚でも5枚以上でも工程がわかるように掲載すると良いでしょう。

そして、写真1枚に対して「何をしているのか」「何のためにしているのか」説明があると分かりやすいでしょう。

施工事例を載せる上での3つの注意点

鍵マーク

ここまで施工事例の具体的な流れをご紹介してきましたが、

施工事例を書き、読んでもらう上での注意点をご紹介しておきます。

施工事例3つの注意点
  1. 施工事例で専門用語は極力使わない
  2. お客様の声や、お客様の写真を掲載する場合は後ろに
  3. 施工事例ページの最後に関連した施工事例のリンクを掲載

この3つのポイントについて一つひとつ見ていきましょう。

施工事例で専門用語は極力使わない

誰に向けてHPがあるのか。という点でも違ってきますが、

素人の見込み客にご覧いただくのが目的であれば専門用語は使わないようにしましょう。

専門用語を使った場合は、()内にわかりやすい言葉を書くか、補足説明を書くと良いです。

専門用語を使っても読み手がわからなければ意味ないですし、何を言っているのかわからないものを読み進めるのは苦痛です。

お客様の声や、お客様の写真を掲載する場合は後ろに

施工事例ページでは、その工事を依頼したお客様の声や、お客様の写真を掲載するのもアリです。

どこに掲載するか、正解を出すのは難しいですが私なら施工事例の最後に掲載しますね。

お客様の声が読みたい方は、お客様の声ページを見るはずです
(HPにお客様の声ページがある場合)

施工事例を紹介するページなので、施工事例が先です。

施工事例ページの最後に関連した施工事例のリンクを掲載

施工事例ページを下にスクロールしていくと、どの建設会社でも問い合わせページへのリンクやメニューがあると思いますが、
ご覧いただいた施工内容と、同じような施工事例が他にもある場合は関連ページへの導線も作りましょう。

一つで納得する方もいれば、もっと他の施工事例も見たいと思う方もいます。

施工事例の写真の撮り方3つのポイント

カメラを肩から下げた女性

続いて、施工事例の写真についてご紹介します。

施工事例の写真は大事です。

写真があるから説明文や工事内容を伝えやすくなるわけですから、施工事例の写真は大事。

もちろん、プロが撮影した方が綺麗な仕上がりになると思いますが、
工事をするたびにプロに撮影をお願いするのはなかなか難しいでしょう。

そこで、ここでは施工事例の写真を撮影する際に気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

施工事例写真3つのポイント
  1. ビフォーアフター写真は同じ位置から撮る
  2. 流れを意識して多めに撮影する
  3. 写真サイズは大きめで

それでは、一つひとつ見ていきましょう。

ビフォーアフター写真は同じ位置から撮る

撮影スタジオの様子

工事着工前と、完成写真は同じ位置から撮影した方が良いです。

理由は、
わかりやすいから。
です。

施工事例集をご覧いただく方を、素人を想定しているなら考えさせる写真はNGです。

流れを意識して多めに撮影する

工事の流れを、事前に想定して要点要点を撮影していきましょう。

少し多いくらいの方が良いです。

施工の流れを書く際に、不要な写真は使わなければ良いですが、足りない写真はもう撮影できないですよね。
なので、少し多いくらいが良いです。

写真サイズは大きめで

写真の画像サイズは、少し大きいくらいの方が良いです。

ホームページに掲載するとき、小さな画像を引き伸ばすと画質が荒れます。

大きな写真を小さくする分には問題ないですが、小さな写真を大きくするとボケるのでホームページ幅より広い写真を用意しましょう。

例えば、
コンテンツ部分が980pxなら1,000px以上
ヘッダー幅が2,000pxなら2,500px以上が良いでしょう。

カメラはスマホでも良い

施工事例の写真について、
あと一点付け加えますと

カメラはスマホでも良いです。

高価なカメラに越したことはありませんが、現場で作業しながら撮影するのはけっこう大変ですよね。

スマホ内蔵カメラも機能は向上していますので、お手持ちのスマホでも構わないでしょう。

外なら晴れた日。
内装関係の施工事例でも、できるだけ明るい場所で撮影するのがおすすめです。

ホームページリニューアル。失敗しないために

ホームページリニューアル。目的と失敗しないためのポイント【専門知識不要】

2020年10月2日

施工事例ページのSEO対策(施工事例ページのアクセスを増やす)

最後に、施工事例ページにアクセスを増やす方法もお伝えしておきます。

建設業のホームページは、トップページへのアクセスがほとんどかと思います。

トップページ→施工事例
の流れだけでなく、

せっかく、見て読んでもらえる施工事例ページを作るのですから、もっとアクセスを増やしたいですよね。
ここで施工事例ページに直接アクセスを呼び込む方法をご紹介します。

施工事例ページは、検索エンジンからあまりアクセスを集められるコンテンツではありませんが
上記のようにしっかり内容を書いて、読み物として成立しているとアクセスUPにも繋がります。

そのためにも、こちらでご紹介する

  1. タイトルタグ
  2. ディスクリプションタグ

の2つの設定が大事ですので、ご紹介します。

タイトル(Title)タグの書き方

検索結果に表示されているタイトルタグとディスクリプションタグを示すがキャプチャ画像

タイトルタグとは、上記の画像で示した検索結果に記載される太文字の部分です。
検索した人が、まず目につくのがこのタイトルタグ。

ワードプレスなら個別ページ、投稿ページの各下部にタイトルタグを記入する部分があります。

タイトルタグに関しては、下記のページで詳しく解説していますのでを参考にしてみて下さい。

タイトルタグで差をつけよう

タイトルタグの書き方。設定方法

2020年3月24日

ディスクリプション(description)タグの書き方

タイトルタグを補足する形で表示されるのが、ディスクリプションタグです。

タイトルは30文字程度なので、簡潔に書く必要があります。
そのタイトルを補足する形でどんな内容なのか説明するのがディスクリプションタグです。

このディスクリプションタグの設定、書き方についても下記のページで詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

メタディスクリプション、役割と書き方

メタディスクリプションの書き方。SEO対策を意識した設定方法

2020年3月25日

Hタグの使い方

もう一つ、補足的な部分ですが、
施工事例記事を構成するHタグについて、下記ページで詳しく解説しています。

多少HTMLの知識がないと難しいかもしれませんが、
興味のある方は参考にしてみて下さい。

見出しタグの使い方。見出しタグの使い方/構成で文章が変わる

見出しタグ(h1~h6)の書き方。見出しタグを正しく使ってコンテンツの質を高めよう

2020年3月25日

さいごに

いかがでしたか。

少し長文になってしまいましたが…汗
最後までご覧いただき有難うございました。

ココでお伝えしたかったのは、
「施工事例をお客様からの問い合わせに繋がる内容にしよう。」
という目的でご紹介しました。

建設会社のホームページをたくさん見ていますが、

  • 施工事例が写真を掲載しただけ。
  • ただ写真を並べただけ。

というようなホームページが割と多いです。

せっかく掲載しているのに、説明もないまま写真だけってモッタイナイですよね。

ホームページに訪れた全員が施工事例ページを見るかというと、そうとは限りません。
しかし、実際に工事を依頼する業者を探している方ほど、隅々まで見てくれます。

施工事例もしっかりコンテンツとして読んでもらえる内容のページの方が、見込み客にとっても親近感がわくといいますか、問い合わせする候補に上がりやすくなるでしょう。

こちらでご紹介した施工事例の見せ方が、少しでも参考になれば幸いです。

ホームページリニューアル。失敗しないために

ホームページリニューアル。目的と失敗しないためのポイント【専門知識不要】

2020年10月2日
コーポレートサイトにおすすめ。ワードプレステンプレート

SEO内部対策済みの企業ホームページ向けワードプレステンプレート無料&有料おすすめ9選

2020年3月7日
サンクスページ。書く内容と設定方法

サンクスページの作り方。設定方法と記述する文章具体例

2020年6月25日
FAQページ。作り方

FAQの作り方。問い合わせが増える「よくある質問」ページとは

2019年10月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)