エクステリア・造園屋(外構)のホームページ制作と運営を成功させる条件とは

成功確率は3割?!エクステリア・造園業ホームページ。成功のカギとは
  • ホームページからの問い合わせを増やしたい
  • エクステリアや外構のキーワードで検索順位が上げたい
  • 利益の出る仕事を受注できるようにしたい
  • ライバル企業に負けない集客力がほしい!
  • そもそもこれからホームページを制作して成功できるの?

 

このような疑問にお答えしながら
エクステリア・外構業者や造園業のホームページで集客を成功させるための準備と具体的なポイントをご紹介します。

現在ホームページをお持ちの外構・造園業者様も、
これからホームページを制作して自社仕事を増やしたい
とお考えの方も参考にどうぞ。

 

こんにちは。
橋と申します。

私は、建設会社の現場で約15年働いた後に、ホームページ制作やSEO対策で集客のお手伝いを10年ほどおこなっています。

既存ホームページをテコ入れして上位表示を達成し売り上げUPに繋げたり、新規立ち上げや起業時のWEB集客サポートも行った経験もありますので、それらの経験も踏まえながら造園・外構・エクステリア業のホームページ制作・作成でネット集客を成功させるために必要なことを具体的にご紹介します。

エクステリア・外構施工業者のWEB制作・運用、集客を実際におこなっている経験に基づいてご紹介しますので参考にどうぞ。

外構・造園×集客。WEB集客の方法と仕組み

外構・エクステリア・造園業のWEB集客の方法・仕組みを解説します。

2021年1月24日
建設・製造業におすすめのwordpressテーマ

建設業や製造業におすすめ!wordpressテーマ無料&有料13選

2021年1月19日
・お問い合わせが来ない・検索順位が上がらない。ホームページのお悩み聞かせて下さい。ZOOMで無料相談。気軽に相談する⇒ 施工会社の勝ちパターン、集客に強いホームページ制作。資料請求はこちら

本記事の内容

エクステリア施工業者や造園業のホームページの目的と役割とは

success

エクステリア業や造園屋がホームページでお客様から工事を依頼する流れとして、

申し込みから施工までの流れ
  1. 見込み客が検索してエクステリア施工業者や造園屋のホームページを見る
  2. 電話やメールで問い合わせる
  3. 現場を見てお見積りする
  4. お客様が依頼する
  5. 工事に着手する

この一連の流れのうち、
①と②がホームページの役割です。

ホームページはネットの営業マン

営業マンとインターネット

ホームページは見込み客に自社を宣伝する営業マンの役割をします。

しかもホームページは24時間365日休むことなく、自動であなたの事業の宣伝をしてくれます。

3割が利益増!ホームページが集客に効果的な理由

①工事を依頼したい②検索する③相談する

ホームページは「あなたが今、検索してこのページにたどり着いたように」

  • 「造園 ●●(地域名)」
  • 「エクステリア ●●(地域名)」
  • 「外構 ●●(地域名)」
  • 「庭工事 ●●(地域名)」

といように、目的のキーワードを検索窓に打ち込んでホームページに訪れます。

すでに造園の工事を検討している人が見るので、無作為に配られる新聞の折り込みチラシやポスティングなどの広告より効率的なのです。

中小企業や小規模事業者がホームページを活用した変化を中小企業庁がまとめていますので、ご紹介します。

小規模事業者の自社ホームページの開設の有無と販売先数の変化グラフ

参考:中小企業庁委託「ITの活用に関するアンケート調査」

このデータによるとホームページを制作していない企業より、ホームページを制作している企業の方が「利益がやや増加した」「利益が大幅に増加した」ということが分かります。

これは、2012年の調査結果ですが、
2021年現在、自社ホームページを持つ企業は増えていますが、同時にスマホの普及でインターネットを日常的に活用する人も増えていますので、利益を増やしている企業はさらに多くなっていると予測できます。

外構・造園×集客。WEB集客の方法と仕組み

外構・エクステリア・造園業のWEB集客の方法・仕組みを解説します。

2021年1月24日

造園・エクステリア会社のホームページに必要なページとは

営業マンの手とサイバー空間

お客様から選んでいただく造園屋のホームページを制作するうえで、最低限必要となるのは下記ページです。

必要なページ
  • トップページ
  • 他社との違いや強み
  • 各サービスの紹介(外構・選定・冬囲いなど)
  • お問い合わせから工事完了までの流れ
  • 施工事例
  • 代表の挨拶
  • 会社概要
  • Q&A集(よくある質問集)
  • お問い合わせフォーム
  • 個人情報保護方針

これらのページは最低限あった方が良いです。

「そんなに必要?」
「お客さんはしっかり読んでくれるの?」
という疑問を持つ方もいらっしゃいますが

真剣に検討されている方ほど、しっかり目を通す方は多いですし、

エクステリア工事は安い買い物ではありませんので、他社と比較検討した場合にも負けないようしっかりと自社をアピールをする必要があります。

「問い合わせてくれたら答えるよ」
と、情報の少ないホームページでは問い合わせは来ません。

ホームページ制作の準備「ターゲットを絞ろう」

黒地に緑の輪

では、ホームページを制作する準備に入る段階で、最初にターゲットを選定しましょう。

このターゲット選定が何より大事です。

単に
「エクステリア施工業者です。お問い合わせはこちら」
「造園屋です。お気軽にどうぞ」
では誰にも響きません。

その理由は、
ホームページはインターネットで検索するとわずか数分で数十社ものエクステリア施工業者を比較できてしまうからです。

当然ながらお客様が依頼するのは1社です。

比較検討する場合も実際に問い合わせるのは2~3社くらいでしょう。

なので、「皆さんどうぞ」という施工業者より

客層を絞って「このエクステリア業者こそ私にぴったり!」「こんな造園屋に依頼したかった!」と思わせた方が、依頼に繋がりやすくなります。

最初にターゲットを3つから絞る

ターゲットを絞る
と、いきなりそんなこと言われても…

多くのエクステリア業者さんや造園屋さんは悩んでしまうかもしれませんね。

まずは大きく3つに分類してみましょう。

  1. 金持ち層
  2. 一般層
  3. 格安層

まずはココを明確に分類し、そのうえで自社のエクステリア工事や造園屋としての考えやどんな悩みを解決するのか

ターゲット客層を軸に考えていきましょう。

ターゲット選定が曖昧だと、修正・改善も難しくなる

ターゲットを選定せず
「エクステリアを施工します!皆さんどうぞ」というホームページでは

  • 何が悪いのか?
  • どこを改善したら良いのか?

上手くいかなかったとき、あとあと改善が難しくなります。

沢山のエクステリア会社や造園・外構業者を簡単に選べる時代になったからこそ
誰の心にも響かないホームページより、こんな方にこそおすすめです。
と、ターゲットを明確に示した方が良いのです。

あなたのエクステリア・造園会社としての強みは?

バーベルを上げる女性の後ろ姿

エクステリアの工事を依頼しようと考えている見込み客に選んでもらうためにも、あなたの会社の強みやこだわりを伝えるのことで差別化を計りましょう。

金持ち層がターゲットならデザイン賞などの受賞をアピールしたり、格安層なら価格を全面に押し出した内容になるでしょう。

エクステリア施工業者としての強みを見つける方法

主に一般層をターゲットにした場合、実際にエクステリア・外構屋さんに話を聞いてみると次の回答が多いです

  • しっかり施工している
  • ごまかしたり手抜き工事はしない
  • リーズナブルな価格で施工している

など…

ただ、これだけでは少し弱いので…。

その場合は、お客様に聞いてみて下さいとおすすめしています。

強み・こだわりをお客様の声から見つける方法

自社のエクステリア施工の強みやこだわり、他社との違いを明確に打ち出すのは難しいでしょう。

私がクライアントさんと打ち合わせでお聞きする際は、
「お客さんにどんな言葉をもらいますか?」
「お客さんにどんな喜びの声をもらいますか?」
ということを細かく聞いていきます。

お客さんがあなたの会社に依頼して、

  1. 契約にいたる段階
  2. 施工が進む段階
  3. 工事が完了した段階

で、どのような感想を持ち、どんなことに感動し喜んでいただいたのか?

その声があなたのエクステリア施工業者としての強みになるはずです。

代表の挨拶で会社の想いや情熱を語る

会社概要や代表の挨拶ページを見る方は少なくありません。
(真剣に検討している人ほど見る傾向にあります。)

私自身、エクステリアや外構・造園を含む建築・土木会社のクライアントさんのホームページを運営・管理させて頂いていて感じます。

とくに代表の挨拶ページで、社長の考え方に共感して依頼する人もいます。

社長の経歴や、どんな想いをもってエクステリア施工業を運営しているのか

社長の顔写真と共に
丁寧に書くことをおすすめします。

当社では想いを聞いたり簡単な文章を作ってもらい、加筆修正して掲載しています。文章が苦手という社長さんには実際、このようなサポートで喜んでいただいています。ホームページ制作会社のご依頼に関して無料相談を承っておりますのでお気軽にどうぞ。
⇒無料相談はこちらから

顔写真は安心感や信頼感に繋がる

スマホを見ながら安心した表情の女性

ホームページを制作するなら、顔写真を掲載することを強くおすすめします。

理由は、安心感や信頼感に繋がるからです。

人は会社よりも人間に愛着を持ちます。

世界的企業のappleはファンが多いですが、スティーブジョブズの考えに共感している人が多いでしょう。
ソフトバンクも孫正義さんが前面に出ています。
ジャパネットたかたと言えば、あの社長を思い出すでしょう。

特に知名度の低い中小企業の場合、ホームページを見ただけで会社名を覚えてもらうのは難しいですから、顔写真を掲載し人としての想いを伝えましょう。

代表者の写真は3回見てもらう

私がホームページを手掛ける上で心掛けているのは、
ホームページ内で3回社長の顔写真を見てもらう
ということです。

どこに掲載するか?

  • トップページ
  • 代表の挨拶
  • お問い合わせ

この3つに顔写真を掲載するのがおすすめです。

スタッフ紹介では趣味や性格など親しみをもってもらう

スタッフ紹介ページを作るなら

  • 笑顔の写真
  • 趣味や性格など

親しみやすさを演出しましょう。

一般の方の中には、職人はぶっきら棒、怖いというイメージをもっている方も少なくありません。
「どんな人が来るんだろう」という不安を払しょくし安心感をもってもらいましょう。

施工事例は必須。掲載方法が大事

before・afterの立て看板

施工事例ページも大事です。
「当社はこんな工事をしています」とお知らせするのにもっとも便利です。

ホームページを作成します。
という段階で、
「写真を用意していない」
というケースもあるかと思いますが

できれば普段から施工写真を撮影しておくことをお勧めします。
もちろん、ホームページに掲載には許可も頂いておきましょう。

写真だけ掲載して終わりはモッタイナイ!テキスト量も大事

様々なエクステリア・外構屋のホームページをみると、施工事例が「写真のみ」というケースも多いです。

非常にモッタイナイです。

モッタイナイ理由は
  • 写真のみでは親切じゃない
  • 検索エンジンからのアクセスが見込めない
  • 滞在時間が短く、コンテンツの評価が下がる
  • 低品質なコンテンツと評価される恐れがある

施工事例の書き方・見せ方に関してはこちらの記事にまとめてありますので参考にどうぞ

施工事例 見せ方・書き方

施工事例の見せ方・作り方。事例を増やせば問合わせが増える!集客に繋がる基本構成とは

2019年9月21日

新築やリフォームだけでなく補修工事への対応も掲載しましょう

脚立の上で松の木を剪定する職人

エクステリア・外構業の場合、施工範囲は新築だけでなくリフォームや補修などの工事もあるでしょう。
また、造園屋であれば剪定やお手入れ・冬囲いなどの仕事もあるでしょう。

サービス毎に丁寧な説明を

お客様は、エクステリア業、外構屋さんと聞いて業務内容をすべて把握できているわけではありません。

ホームページは見たい人に見たい情報を届けられます。
塀の補修、カーポートの建て替え、擁壁や塀の改修工事、剪定や冬囲いなど、できることは一つひとつ丁寧に伝えるようにしましょう。

何ができるのか?具体的に伝える

どの業界にも言えることと思いますが、外構屋さんや造園屋さんはその道のプロです。
対して見込み客の多くは素人です。

  • 何ができるのか?
  • どこまでできるのか?
  • 全て任せて良いのか?

こんなこともあんなことも相談していいですよ。とホームページ内で伝えられるよう意識することをおすすめします。

ブログは必要?ブログはやらないという選択肢もある

デスクの上で半開きになっているノートブックパソコン

ホームページ運営に「ブログを更新しましょう」とおすすめする制作会社が多いですが、ブログを更新するかどうかは事前に検討した方が良いです。

その理由を解説します。

更新が途絶えるならブログはやらない方が良い

「●月●●日 ホームページリニューアルしました」
この更新を最後に止まっているホームページをよく見かけます。

実は割と多いです。

ブログ更新に手が回らないのであれば、最初からブログは止めましょう。

例えば1年前から更新が止まっている会社のホームページを見た見込み客は、少なからず不安を持つでしょう。

読まれないページを増やしても意味がない

ブログを更新しても誰にも読まれていないのであれば意味がありません。
見ている人がいるのか、更新した後にチェックして検証しましょう。

誰にも読まれていないページを増やしていくとデメリットがあります。

  • ホームページの評価が下がる(検索順位)
  • リニューアルする際に料金がかかる(ページ数)

このようなデメリットがあります。

ブログを更新するなら見込み客に役立つコンテンツを

ブログを更新するなら役立つコンテンツを発信しましょう。

「春ですね」
「バーベキューをしました」

ブログにファンがついていて読んでくれる方がいるなら良いですが、このような内容は基本的に読まれません。

エクステリアや造園業であれば、お客様からよく頂く質問を題材に詳しく解説するような内容ですとか、上記で紹介した剪定や施工事例などサービスに関する予備知識を紹介するような役立つコンテンツを更新するのをおすすめします。
企業ブログ。書き方

企業ブログの書き方。ホームページの集客に繋げるにはどんな内容を更新したら良い?

2019年10月10日

日記を更新するならGoogleマイビジネスやFacebookがおすすめ

Facebookのログイン画面が表示されているスマホ(ソーシャルメディア)

「ブログと言っても何を書くの?」
「気軽に更新するだけじゃダメなの?」

という方におすすめなのがFacebookやGoogleマイビジネスの投稿です。

写真数枚(1枚でもOK)と簡単な文章で、日記のように更新していく方法です。

「春ですね」
「バーベキューをしました」
など、ほのぼのした内容を更新するのにも適しています。

もちろんInstagramやTwitterも有効で、地道に続けていくとSNSからの集客も見込めるでしょう。

外構・造園×集客。WEB集客の方法と仕組み

外構・エクステリア・造園業のWEB集客の方法・仕組みを解説します。

2021年1月24日

ホームページを無料で作る方法

¥0

エクステリア会社の創業時など金銭的な面で、無料でホームページを作成したい場合は、次のような無料で利用できるサービスもありますのでここでご紹介します。

無料のホームページ作成サービス

エクステリア施工業・造園屋のホームページを無料で制作することはおすすめしません。

ホームページを検索エンジンからの集客に頼るなら、無料のホームページはおすすめしません。

今は多くのエクステリア施工業者や造園屋がホームページにお金をかけています。

検索エンジンからホームページへアクセスを集まるなら、あなたの会社が所在する地域名を入力して検索してみて下さい。

「造園 ●●(横浜などの地域名)」
「エクステリア ●●(地域名)」
「外構 ●●(横浜などの地域名)」
「庭工事 ●●(横浜などの地域名)」
お客さんは検索結果に表示されたエクステリア施工会社のホームページと比較することになります。

また、無料のホームページサービスでは、検索結果の上位表示は難しくなります。

ホームページ制作会社の選び方・制作会社は大きく分けて3つ

数字の3を持つ作業服の女性

ホームページ制作会社は数多くあります。
値段も全然違うしどこの会社を選べば良いか悩んでいる方も多いでしょう。

ここではホームページ制作会社のサービスの特徴や料金の目安を紹介します。

  1. 格安のホームページ制作会社
  2. デザインに強い制作会社
  3. マーケティングに強い制作会社

大きく分類すると、ホームページ制作会社はこの3つに分けられます。

一つひとつ見ていきましょう。選び方もご紹介します。

①格安のホームページ制作会社

  • とりあえずホームページを持ちたい。
  • 検索エンジンからの集客は不要で、お問い合わせの窓口さえあれば良い

という会社さんにおすすめです。

5万円程度からホームページを作成してくれる格安の制作会社もあります。

基本的に、5ページ程度で画像もトップページに1枚程度。
10ページ程度なら10万~15万円程度となるでしょう。
最低限の内容で制作してもらえます。

中には初期費用ゼロで月額数千円のサービスもありますが、その場合は制作会社が指定するサーバーを利用し、利用を止める場合は全て放棄しなければならないケースもあるので、利用する場合は規約をしっかり確認しましょう。

②デザインに強い制作会社

  • 企業のイメージを重視したい
  • 公共工事がメインなのでホームページでの集客は不要

という会社さんにおすすめです。

デザインに強い制作会社は、もともとチラシやパンフレットなど作成していた業者が多い傾向にあります。

マーケティングやセールス、SEO対策に関する知識はマチマチで、キレイなホームページを制作したけど検索エンジンからのアクセスが全然ないというホームページも多いです。

デザインが素晴らしくてもアクセスが集まらなければ売り上げには繋がりませんので、集客に繋がっているか見極めが必要です。

③マーケティングに強い制作会社

マーケティングが得意な制作会社は、ホームページの設計やキャッチコピー、ライティング、キーワード選定など、集客に繋がる仕組みを構築することを重視します。

ホームページを作成するだけでなく、SEO対策(検索エンジン最適化)も考慮して「どうやって差別化をはかり、どのように売り上げに繋げるか」というところから提案してくれます。
(うちの会社もこちらです)

SEO対策とは
SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で検索エンジン最適化のことを言います。

検索結果において上位に表示するための対策のこと。
検索エンジンからアクセスを集めるための技術のことを言います。

ホームページ制作会社の選び方。

いろえんぴつを選ぶ

実際に建設業の企業ホームページを制作し、運営・管理も含め集客のお手伝いをさせて頂いている私が、塗装屋のホームページ制作会社を選ぶとすると…

まず、目的を明確にします!

  • ホームページから工事のお問い合わせを増やす
  • ホームページを通じて売り上げをあげる

これが多くの外構・造園屋さんの目的だと思います。

「ホームページがあれば良い」というだけなら格安のホームページで良いでしょう。

ただ、注意したいのがデザインです。

もちろん会社のブランディングやイメージも大切なのでデザインは大切です。

ですが…、
バナーが華やか、デザインが上品、素敵なホームページ…
見た目の話ばかりする制作業者には注意です。

ホームページからお問い合わせを受けたり、売り上げに繋げるためには

ホームページ設計のポイント
  • WEBマーケティング(どうやって売り上げをあげるか?)
  • SEO対策(どのように集客するか)
  • 顧客心理(外構・造園業者とお客さんの理解)

が必要です。

作ればOKではなく、どんな流れで集客し問い合わせに繋げるのか設計・運用が大事です。

なので、目的を明確にさだめ、同じ目的意識をもってサポートしてくれる制作会社を選ぶことをおすすめします。

 

ホームページ運営に月額の料金はいくらかかる?

ホームページ運営には維持費がかかります。

  1. 最低限かかる費用
  2. 運営やSEO対策を依頼する場合

この2点についてご紹介します。

最低限かかる費用

ホームページをインターネット上に公開し閲覧できる状態にするためにはドメイン代とサーバー代がかかります。

ドメイン代

ドメインとはhttpから始まるアドレスのことです。
(https://sample.jp/)

  • .com
  • .net
  • .jp
  • .co.jp

など、年間の維持費は1,000~10,000円程度です。
co.jpは登記している会社のみ取得可能で年間4,000円程度です。

サーバー代

ドメインが住所だとするとサーバーは土地代です。
インターネット上ではドメインがあっても、ホームページのデータを置くサーバーが必要になります。

サーバーの料金は容量で変動するのが一般的ですが、月に数千や数万程度のアクセスなら月額500~1,000円程度で十分です。

運営やSEO対策を専門業者に依頼する場合

SEO対策とは
SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとった略で、「検索エンジン最適化」を意味します。
「このキーワードの検索結果で上位に表示したい!」と対策する技術のことです。

ホームページ制作会社の中には作成だけでなく管理や運営に関するアドバイスなどサポートをおこなっている会社もあります。

また、SEO対策や更新・運営の実行などコンサル業務を行う会社や、実際にあなたの会社のWEB担当者としてホームページの更新や運営を代行してくれる会社もあります。

料金はサービスの内容に応じてピンキリで、

  • 管理業務なら月額5,000~
  • コンサルやSEO対策の運営代行なら月額50,000~300,000程度

が一つの目安となります。

  • 検索結果で上位表示して問い合わせを増やしたい
  • 自社で運営するのは難しいからプロにお願いしたい

という場合は、コンサルやSEO対策業者に依頼するのも一つの方法です。

実際、ホームページは公開してからが本当のスタートです。
継続的に集客して問い合わせを増やしていくなら、運用が大事です。
自社でWEB担当者を雇うより安い費用でプロに任せられるのでおすすめです。

SEO対策はうちも得意です。相談無料ですのでお気軽にどうぞ

SEOの効果。メリット・デメリット

SEO対策の効果とメリット・デメリット。効果が出るまでの期間と具体的事例も紹介します。

2021年1月25日
建設・製造業におすすめのwordpressテーマ

建設業や製造業におすすめ!wordpressテーマ無料&有料13選

2021年1月19日

さいごに

エクステリア・外構・造園といった庭工事の施工会社がホームページを制作・作成して運用していく上で、WEB集客を成功させるための準備から実際に掲載する内容など具体的にご紹介してきました。

このページの内容をまとめると
  1. ターゲットを絞る
  2. 強みやこだわりを明確に打ち出す
  3. 代表挨拶で熱い想いを伝える
  4. 代表の写真は必須
  5. 施工事例を掲載する
  6. サービスの内容を丁寧に伝える
  7. ブログはやらなくても良い
  8. 日記はGoogleマイビジネスやFacebookで更新するのもアリ

これらのポイントを抑えてホームページを制作すると、
相見積もりが少なくなったり、成約の確立を高めることにも繋がります。

エクステリア施工会社の集客に繋がるホームページの制作や、集客と売り上げに繋がるホームページの運用もおこなっております。

  • SEO対策で検索順位を上げたい
  • もっとアクセスを集めて問い合わせを増やしたい

という場合も無料相談をお気軽にごご利用ください。

無料相談承ります。
ホームページ運用・WEB集客・SEO対策に関するご相談承ります。
私でお役に立てることがあれば、お気軽にご相談ください。

⇒無料相談フォーム
⇒プロフィール

外構・造園×集客。WEB集客の方法と仕組み

外構・エクステリア・造園業のWEB集客の方法・仕組みを解説します。

2021年1月24日
あのホームページ...どれくらいアクセスあるの?無料・30秒でサクッと調べる方法

【無料・簡単・30秒】企業ホームページのアクセス数はどのくらい?調べる方法

2020年12月16日
ホームページリニューアル。失敗しないために

ホームページリニューアル。目的と失敗しないためのポイント【専門知識不要】

2020年10月2日
施工会社の勝ちパターン、知らないままでいいですか?集客に強いホームページ制作。資料請求はこちら ・お問い合わせが来ない・検索順位が上がらない。ホームページのお悩み聞かせて下さい。ZOOMで無料相談。気軽に相談する⇒
成功確率は3割?!エクステリア・造園業ホームページ。成功のカギとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

SEO対策・WEB集客のお手伝いをおこなうフリーランス/有限会社フタダ商事代表。インターネット事業に関わって12年。30代前半まで建設関係・葬儀屋に勤めていた経験をもとに、建設業・葬儀業を中心にSEO対策・マーケティングでホームページ集客のサポートをしています。