ホームページの必要性とは。建設業がホームページを効果的に活用する方法。

ホームページないの?

こんにちは。

橋と申します。

こちらの記事では、

「うちもホームページ必要だろうか?」
「同業他社もホームページを作っているけど、本当に効果あるのだろうか?」

と、ホームページの立ち上げに今一歩踏み出せないでいる建設業者の皆様へ。

土木・建築業に、なぜ今ホームページが必要か、
特に中小企業または個人事業主の方へ、ホームページの必要性と

自社ホームページを持つメリット・デメリットについてご紹介します。

ワードプレス、ホームページの始め方

ワードプレスでホームページを始める方法。9つの手順とSEO対策を解説

2020年4月20日
ホームページ制作会社。選び方・順位を調べる方法

ホームページ制作会社の選び方。制作した結果を知る方法

2020年9月25日

建築・土木業の自社ホームページ開設割合の現状

下記のグラフは、平成27年28年29年度の通信利用動向調査報告書(総務省:情報通信統計データベース)です。

図表2-1産業別ホームページ開設状況推移(平成27年、28年、29年)

これによると自社のホームページを開設している企業の割合は 89.6%

業種別にみると建設業は96.8%にも及びます。

建設業は9割以上が自社ホームページを持っている

スマホの普及とともに、ホームページを作成する会社が急速に増えています。

建設業でも9割以上がホームページを開設している現状を認識して
「今さらホームページを作っても遅いのか?」と不安に感じたかもしれませんね。

でも大丈夫です。

インターネットにも「先行者利益」というものはありますが、戦い方はあります。

現に、あなたが今ご覧になっているこのホームページも記事を更新し始めたのは2019年の5月からです。

土木・建築会社がホームページを開設する必要性・メリットとは

インターネット活用のイメージ

では、ここから建設業者がホームページを開設するメリット・デメリットをご紹介していきます。

まず最初にメリットは下記の5つです。

  1. 求めているお客様に自社のサービスをアピールできる
  2. 会社の想いやこだわりを制限なく伝えられる
  3. 継続的に会社の宣伝ができる
  4. 営業コストの削減に繋がる
  5. お客様にとって信頼感に繋がる

では、一つひとつ見ていきましょう。

求めているお客様に自社のサービスをアピールできる

ホームページは検索したユーザーに、自社のサービスをアピールするツールです。

例えば、
「外壁塗装 大津」
検索窓「外壁塗装 大津」

「アスファルト舗装 神戸」
検索窓「アスファルト舗装 神戸」

このようにユーザーが検索すると、そこにお客さんの求めたサービスを提供できる企業が検索結果に表示されます。

ホームページがあれば、見込み客に自社をアピールすることができるのが最大のメリットと言えます。

反対に、ホームページが無ければお客さんの選択肢にすら入りません。

個人宅のお客さんだけでなく、企業が発注する際もホームページを見て決める場合があります。

会社の想いやこだわりを制限なく伝えられる

ホームページはチラシやTV、ラジオなどの広告と違い、時間やスペースにほぼ制限がありません。

ホームページへ訪れた見込み客に、あなたの会社の想いやこだわりを“いつでも”伝えることができます。

継続的に会社の宣伝ができる

ホームページは365日24時間、いつでもあなたの会社の宣伝をしてくれます。

また、電話番号のほかにメールフォームを設置しておけば、「あなたの会社に依頼したい」と思った見込み客は、24時間いつでも問い合わせできます。

営業コストの削減に繋がる

新聞の折り込み広告は、毎日様々なチラシが入っていますから「効果の持続性」という点で疑問ですし、「見込み客じゃない」人にも配送されるのでコストパフォーマンスも良いとは言えません。

また、営業マンは人件費が毎月固定費が重くのしかかります。

戦略的にホームページを活用すれば、営業コストは大きく削減できるでしょう。

お客様にとって信頼感に繋がる

しっかりしたホームページがあれば、お客さんにとって安心感に繋がります。

たとえ自宅に営業マンが飛び込みで来ても、お客さんはホームページを確認する人が増えています。

また、求人広告を見て就職や転職を考えた場合も、ホームページをチェックする人は多いです。

ホームページがあれば信頼感に繋がりますが、逆にホームページが無ければ「ホームページがないけど大丈夫かな?」という不安を与える恐れもあります。

建設会社がホームページを持つデメリットはないのか?

スマホを操作するイメージ

ここまで、ホームページの必要性についてメリットをご紹介してきましたが、続いてデメリットをご紹介します。

  1. ホームページを制作しても失敗するリスクがある
  2. ホームページ作成会社を選ぶのが難しい
  3. 検索上位を維持するなら継続的な更新が必要

この3つのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ホームページを制作しても失敗するリスクがある

建設会社が自社ホームページを持つ目的は、
「問い合わせを増やして売り上げをあげる」
ということに尽きるでしょう。

建設会社がホームページを制作する場合、

  • webの知識がある従業員に作ってもらう
  • ホームページ制作会社に作ってもらう
  • 格安サービスを利用する

これら3つの方法が一般的。

お金と時間のかけ方はそれぞれですが、
ホームページを作成しても「全く売り上げに繋がらない」ケースはめずらしいことではありません。

もっとも大きなデメリットは、結果に繋がらないリスクがあるという点です。

ホームページ作成会社を選ぶのが難しい

「うちも自社ホームページを作ろう!」と思った際に、web制作会社にお願いするのがほとんどかと思いますが、ホームページを制作する会社は日本全国に数千社あると言われています。

私自身も企業ホームページを作っていますが、もしも私にwebの知識がないとしたら、どの制作会社に頼んだらよいのか、とても1社に決められないなと感じます。汗

大企業から個人事業主まで様々ですし、値段もピンキリで多種多様過ぎるので1社に絞るのは難しいです。

こちらにホームページ制作会社の選び方についてコラムを書きましたので参考にどうぞ
ホームページ制作会社。選び方・順位を調べる方法

ホームページ制作会社の選び方。制作した結果を知る方法

2020年9月25日

検索上位を維持するなら継続的な更新が必要

あなたも何か調べ事などGoogleで検索すると思います。

その検索結果には順位がありますが、この順位は日々変動しています。

例えば
「型枠業者 甲府」
検索窓「型枠業者 甲府」

「トイレリフォーム さいたま」
検索窓「トイレリフォーム さいたま」

などで、検索結果1位を獲得できたとしても、同業他社だって虎視眈々と1位奪取を狙っています。

検索順位は、Googleを攻略する事だけでなく、ライバル企業と戦い続ける必要があります。

ホームページは「作って終わり」「1位を取ったから安心」ではありません。

ホームページリニューアル。失敗しないために

ホームページリニューアル。目的と失敗しないためのポイント【専門知識不要】

2020年10月2日

SNSや動画マーケティングが支流になってもホームページって必要?

いまはSNSやYouTubeなど動画の時代が来てるのに、それでもホームページって必要なの?

そんな疑問もあるかもしれませんね。

答えを言いますと、
はい。
ホームページは必要です。

正確に言うと「あった方が良い」です。

その理由としては、SNSやYouTubeだけで全てを完結するのは難しいからです。

SNSもYouTubeも情報発信ツールとして優れていますし、視聴者やユーザーをファン化するのに有効なツールです。

ただ、それらのコミュニティから問い合わせに誘導したり、サービスの詳しい説明をまとめておく媒体が必要になります。

また、検索エンジンからの集客はやはりホームページが強いです。

SNSが流行っているからSNSが良いとか、これからはYouTubeだから動画だとか、
というよりは、
集客の導線が、検索からだけではなくなったので、トータルで活用した方が良いという認識の方が良いでしょう。

一つの結論としてまとめますと、

TwitterやFacebook、YouTubeなどでお客さんにアプローチしたとしても、「詳しくはこちらのページをご覧ください」と網羅した情報をホームページに掲載しておいた方が良いという事で、SNSや動画が盛んになってもホームページは必要です。ということです。

建設業のホームページ制作会社の選び方、3つのポイント

3を示す女性
ここまで建設業にとってのホームページの必要性についてご紹介してきました。

私自身も企業のホームページを作成し、SEOやアドバイスなども行っているので、ここで建設業のホームページ制作会社の選び方を3つのポイントにしてご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

デザインにこだわっても売れない

ホームページ作成会社は、

  1. デザインが得意な会社
  2. マーケティングが得意な会社

に分かれる傾向にあり、デザインが得意な会社の方が多い傾向にあります。
(個人的な見解も含んでますが…)

会社のカラーや個性を出すのにホームページのデザインにこだわるのは良い事ですが…。

デザインが素晴らしくても、売り上げには直結しません!

ホームページを見た人が
「この会社、ホームページのデザインが素晴らしいからココに決めよう!」
とはならないからです。

  • どんなサービスなのか。
  • お客さんにとってどんな価値があるのか。

を伝えるのが大事です。

もちろん、ライバル他社に比べ見劣りするようなホームページでは問題ですが、
デザインばかり推してくるような制作会社はおすすめしません。

コストを抑えすぎると余計な仕事が増える

安いサービスだと5万円くらいでホームページが作れます。

ただし、安価なサービスは自分でやることも多いです。
多くの場合は5ページ程度で文章も自分で書かなければなりません。

あなたの会社がホームページにいくらかけるべきかは、
地元のライバル企業のホームページをチェックしてみてください。

検索順位を争うという事は、ライバル企業に勝つ必要があります。

お金をかけて作ってみたものの、検索結果に表示されずに
「名刺にホームページアドレスを乗せただけ」というオチになりかねません。

SEOやマーケティングに長けた会社を選ぶべき

「デザインの良し悪しは、お客さんの購入基準にならない」とお伝えしました。

webってやることが意外と多いです。

デザイン以外に、SEO、ライティング、ブランディング、スマホ対応、アクセス解析、SNS活用、ユーザービリティ、PPC運用などなど…

お金をかけてホームページを作るなら、

  • どのキーワードで検索上位を目指すか
  • 何を伝えるか。
  • 安売りするのか、価格以外で勝負するのか

など、売り方や戦略を考えてくれるホームページ制作会社を選ぶことをおすすめします。

ホームページ制作会社。選び方・順位を調べる方法

ホームページ制作会社の選び方。制作した結果を知る方法

2020年9月25日
ホームページリニューアル。失敗しないために

ホームページリニューアル。目的と失敗しないためのポイント【専門知識不要】

2020年10月2日

まとめ。会社の大小に関わらず勝負できる

ホームページの必要性にはじまり、最後にホームページ制作会社の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか。

ホームページは活用次第で、会社の大小に関係なく売り上げを上げることができますが、
逆に言うと、同じ検索結果に表示される建築会社は、上場企業も個人事業も全てライバルになりますので「ホームページがあればいいんでしょ」と安易な考えで作るのはおすすめしません。

あともう一点お伝えしておくと、
ホームページは新規に立ち上げてから、検索結果に反映されるまで約半年かかります。

早めに対応することをおすすめしますよ。

SEOに強いホームページ作成
→SEOに強いホームページ制作します
施工事例 見せ方・書き方

施工事例の見せ方・書き方。集客に繋がる基本構成と流れ

2019年9月21日
FAQページ。作り方

FAQの作り方。問い合わせが増える「よくある質問」ページとは

2019年10月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)