MENU

すでに結果の出ている勝ちパターンでホームページを制作いたします。施工会社限定5社だけ特別価格

自己紹介

hashi kazuaki@SEO対策・WEB集客

地域密着ビジネス・中小企業のSEO対策・WEB集客のお手伝いをおこなっています。

⇒ご挨拶/実績と失敗談

 

検索するとどれも同じようなホームページが並ぶ中

  • もっと検索順位を上げて集客したい
  • 「ここの会社がいい!」と思って選んでもらいたい

このような思いを持っている企業様のサポートを行っています。

⇒無料相談フォーム

ホームページのこと、集客・SEOのこと、お気軽にご相談ください。zoomで無料相談、詳しくはこちら⇒

塗装屋の日当、給料相場ってどれくらい?安定して稼げる?

塗装工 日当相場
  • 塗装屋の日当ってどれくらいなのか?
  • 全国的に見て日当相場はどれくらいなのか?

塗装工というと、板金塗装や金属塗装の仕事もありますが、
こちらでは、建物にペンキを塗る建築塗装の仕事について。

塗装屋の職人と見習の日当について掘り下げていきます。

現在、塗装屋で働いているけど自分の日当は高いのか、安いのか。
日当を上げるにはどんな方法があるのか。
少しでも参考になれば幸いです。

目次

塗装屋の日当相場

塗装屋の日当はどれくらいか、求人広告から給料相場を見てみましょう。

建築塗装の給料

日給8,000~18,000円
月給20~50万

※インディード調べ

板金塗装の給料

月給17~50万
年収300~600万

賞与ありなしがある
※インディード調べ

建築の塗装は、日給月給の場合が多い傾向にあります。

塗装工、職人と見習の日当相場

日当の相場には開きがありますが、
職人と見習で、日当相場は分かれます。

建築塗装の見習いは
日給8,000~10,000円が相場

職人は12,000円~
が全国的に一つの目安になるでしょう。

塗装屋の年収は

建築系の塗装工の年収は、
250~600万

日当が良くても途切れず仕事があるかは会社による

仕事を選ぶ際は、安定して仕事があるのかが大事なポイントになります。

日給月給の場合、働いた日数だけ給料としてもらえます。
休みが多い会社だと手取りが少なく、生活に支障をきたします。

また、雨の日も仕事がある会社なのか。
転職や就職で会社を選ぶ際は確認しておきたい点です。

日当でもらうと収入は多く見えるが支出も多い

電卓と支払うお金
職人の場合、日当12,000円を超えてきますから稼ぎが良いように見えますが、

日当いくらで、日給月給の場合は正社員雇用とは違い、社会保険や厚生年金が欠けられていないケースが多いです。

日当でもらうデメリットは

  1. 保険や年金の支出が大きい
  2. 日給月給制はボーナスがない

上記の2点です。

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

保険や年金の支出が大きい

日給月給制の場合、手取りは所得税くらいしか引かれてません。

なので、自分で国民健康保険・国民年金の支払いをする必要があります。

正社員の場合、一般的には社会保険・厚生年金に入っていて
会社と自分で折半して、差し引いた分が手取りになります。

正社員と給料を手取りで比べると、

  • 諸々引かれて支払われた給料
  • 日当を月単位でもらった給料

の違いがあります。

新卒の会社員は、手取りで20万を切るのが一般的ですから、日当の方が多くなりますが、保険・年金を自分で支払うと決して多いとは言えませんね。

日給月給制はボーナスがない

日給月給制は、一般的な会社員と違いボーナスがありません。

じゃぁやはり正社員が良いのかというと、建設業に関しては
正社員でもボーナスなしの会社が多いので、会社を選ぶ際は賞与の部分も確認しましょう。

塗装屋で給料を上げる方法

右肩上がりのグラフ

最後に、塗装屋で職人として腕を磨き、日当を上げるための方法をご紹介します。

給料が上がる条件

見習いから職人として認められる条件の一つに、

「自分で現場がこなせるようになる」
というのが一つのポイントです。

言われた作業をこなすのではなく、自分で現場を仕切れるようになる。
まずはココを目指したいところです。

会社に交渉する

今勤務している塗装屋で、給料UPを直接交渉するのが一つの方法です。

建設業は、積極的にベースアップしてくる会社は少ないです。
ある程度キャリアを積んだら、自ら日当UPを交渉してみるのも一つ手です。

違う塗装屋に転職する

最初に、紹介した塗装工の日当相場には地域差もありますが、
やはり会社による違いもあります。

また、積極的に人材を育ててくれる会社と、いつまで経っても手元しかやらせない会社もありますので、会社によって職人に育つまでの期間が大きく変わります。

塗装工の仕事は、会社が変わっても仕事内容はほとんど同じですから、違う塗装屋に転職するのも良いでしょう。

その際は、日当相場が高めの会社を選びましょう。

塗装屋の求人の選び方

recruit

日当よりも正社員雇用している会社の方が安定して稼げます。

求人広告を見る際は、日当より月給制で

  1. 給与相場より高め
  2. 雨の日でも仕事があるか。
  3. 年間通して仕事があるか。
  4. 交通費がでるか
  5. 福利厚生が充実している

この5つの点全てでなくても、一つでも多くの条件を満たした会社を選びたいところです。

一つ付け加えておくと、塗装屋の仕事は朝が早いですから、
自宅から近く通いやすい。というのも大事なポイントになります。

まとめ

塗装屋に限った話ではありませんが、親方や社長の考え方は様々です。

職人を安く使う会社もあれば、しっかりした待遇で働ける会社もあります。

せっかくなら職人としてのスキルも磨けて好条件の職場で働きたいですよね。
建築業界全体に言えることですが、塗装工も人手不足の業界です。

  1. 職人として積極的に育ててくれる
  2. 日当や給料面での待遇もある程度良い

この2つの点で良い会社を選びたいものです。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる