塗装屋は儲かる?給料や将来性について

塗装屋って儲かる?

塗装工の業界へ就職・転職を考えている方、
今現在、建設業界で働いていて塗装工へ転職を考えている

または今現在、塗装工の仕事をしているけど「塗装の仕事ってどうなの?」と疑問に感じている方へ

近い将来、塗装工で職人を夢見る人も、やはり給料のことや将来性も含め「塗装屋って儲かるの?」という部分は気になる点でしょう。

塗装工といっても、建築系と板金系に大きく分かれますが、
ここでは建築の塗装工について

儲かる仕事なのか?
ご紹介していきます。

塗装屋は儲かる?!見習い・職人の給料事情

1万円の札束
建築塗装の給料
日給8,000~18,000円
月給20~50万

※インディード調べ

因みに、同じ塗装でも板金塗装は下記のような給料相場です。

板金塗装
月給17~50万
年収300~600万
賞与ありなしがある
※インディード調べ

建築の塗装は、日給月給の場合が多い傾向にあります。

建築塗装の見習いは
日給7,000~10,000円が相場

職人は12,000円~
が全国的に一つの目安になるでしょう。

日雇い・正社員。収入/待遇の違い

日給(日雇い)と月給(正社員)の違い。知っておきたいメリット・デメリット

2019年9月1日

ほかの建設業に比べどうなの?

建築の塗装屋は、他の建築土木業に比べ給料が高いのかというと、

高いとも言えないが安くはありません。

塗装の職人といっても、単価は元請けによっても違いますし、地域やその塗装会社によっても違ってきます。

塗装職人は日当にして12,000~18,000円ですが、
大工や型枠大工、設備、クロス、鳶、舗装・土木など、建築業の中で金額だけで見た場合、中間といえるでしょう。

平均年収から見て塗装工の給料は高いのか安いのか?

国税庁が行っている平成29年の民間給与実態統計調査では平均年収が432万と算出されています。

建設業の平均は493万円と算出されています。

因みに
もっとも高い業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」の747万円
最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の253万円です。

ただしこれは正社員の平均年収を算出したものです。
そして、この平均年収は上振れする傾向にあるので、中央値で見る方が現実的でしょう。

「平均年収」が高めになる理由としては
例えば平均年収が880万円と算出された場合
(200+300+400+500+3000)÷5=880
これでは実態と少しかけ離れた感じがしますよね。
平均880万なのに、5人中4人が500万以下なのですから。

では上記と同じ例で今度は「中央値」で見てみましょう。

中央値は400万円

5人のうちの3番目に注目した年収です。
2,000人の調査なら1,000人目、1,001人目という事になります。
平成29年の民間給与実態統計調査では平均年収が432万ですが、
中央値では、おおよそ380万円と言われています。

中央値で見ると、塗装屋は職人になるとわりと儲かる仕事。といえるのではないでしょうか。

塗装工、仕事内容

塗装工の仕事内容を詳しくご紹介します。

2019年11月13日

独立し、請負で仕事をすると儲かる

上記の給料相場は、あくまで従業員として働いた場合の目安になります。

独立して請負で仕事をするようになると、工事金額の中で出た利益が儲けとなるので収入の天井は高くなります。

独立しても儲かっていない。
という話は、他社の現場の応援や二次下請け(孫請け)などで、常用で仕事をしているケースがほとんどです。

請負と常用の違いを簡単に説明すると。
請負は1工事に対して代金が支払われる契約
常用は、1日いくらと契約して職人に対して払われる賃金

塗装屋は大変?

汚れた刷毛

塗装屋は大変なのか、現場仕事は肉体労働なので体力が必要だったり「きつい・危険・汚い」の3K仕事といわれますが

塗装屋は他の建築業に比べると、力仕事としては体力的には楽な部類です。

シンナーを扱うので、匂いの問題や
ペンキで汚れる仕事ではありますが…

職人に育つまでの期間

塗装工の見習いとして働いて、塗装職人として育つまでは5~10年かかると言われています。

これにはどうしても個人差が出てくるのですが、

個人の頑張りに加え、会社が職人を積極的に育ててくれるのかという問題も。

2~3年で現場をこなせるように育成する会社もありますが、
5年経っても手元仕事しかさせないような会社もあります。

塗装屋でいうと、
刷毛やローラーは職人にやらせるけど、吹き付けは親方以外やらせないとか。

良い悪いの話ではないですが、
修行する親方や会社によって変わる部分も大きいです。

塗装屋。きつい?

塗装屋の仕事はどんな点がきつい?つらい?大変な点をお伝えします。

2019年7月26日

塗装屋の1日。どんなスケジュール?

  1. 7時出社(段取りして現場へ)
  2. 8時仕事開始
  3. 10時、15分程度休憩
  4. 12時から13時、昼休み
  5. 15時、15分程度休憩
  6. 17時、現場終了
  7. 土場へ戻り後片付け・翌日の段取り

残業は多い?

塗装工の仕事自体、残業が多い職業ではありませんが、

仕事が詰まっていたリ、工期が遅れていたりすると残業もあります。

夜勤はある?

現場の都合によっては夜勤もあるでしょう。

しかし、塗装工は基本的に夜勤の多い仕事ではありません。

塗装屋は独立しやすい?

帯の付いた札束
建築業は、手に職をつけて職人として働く先に独立を考える人も多いです。

では塗装屋は独立しやすい職業なのでしょうか。

塗装屋は一人親方として独立する職人が多い

塗装の職人は、建設業の中でも独立する人が多い業界です。

若くから続けている人は、20代や30代で一人親方として独立する人も多いですし、
従業員を雇って会社として起業する職人さんもいます。

独立しやすい業種といえます。

塗装屋 独立

塗装業で独立する方法。準備して起業するのに必要なこと

2019年8月3日
独立しやすい建設業

独立しやすい建設業ってどれ?土木と建築では独立・起業の方法が違う。

2019年7月24日

塗装屋って将来性はどうなの?

住宅街の風景
AIの導入で人間の仕事が奪われる。というような記事も目にしたりしますので、塗装工に対しても将来への不安を持っている方もいるでしょう。

将来を正確に予測することは難しいですが、
塗装屋の将来性について当サイトの見解をご紹介しますので、参考になさってみて下さい。

塗り替えリフォームの需要は今後も見込める

塗装の仕事自体、新築よりリフォーム案件の方が多いです。
新築住宅は、サイディングだったり壁や屋根の部材は、工場で塗装されたものが搬入されて施工されます。

少子高齢化が進んで今後は、「新築物件の件数は減っていく」という見込みもありますが、外壁や屋根の塗り替えなどリフォームの需要は高まっています。

  • 人が住んでいる限り
  • 建物がある限り

リフォーム案件の需要は見込めるでしょう。

リフォーム案件は塗装屋が直接受注する会社が増えている

外壁や屋根の塗り替え工事は、塗装屋が直接受注するケースが増えています。

インターネットの普及で、個人事業主でも中小企業でもホームページを開設している塗装屋が増えています。

新築物件は、住宅メーカーが強いですが、
外壁塗装や屋根の塗り替えなど、リフォーム案件は

「外壁塗り替え 水戸」
「屋根塗装 金沢」
など、目的+地域名で検索して業者を選ぶ人が増えているからです。

ホームページは、営業マンを雇ったり他の広告媒体を使うのに比べると、コストが抑えられて効率も図れるので、上手く活用して儲けている会社も増えています。

ホームページないの?

ホームページの必要性とは。建設業がホームページを効果的に活用する方法。

2019年7月26日

塗装工で就職するならどんな会社が良い?

ローラーとカラフルな塗料

塗装工を含め、建設現場の仕事は出勤時間が早いので、通うのに近い方が良いでしょう。

また、東京などの大都市以外では車通勤が基本になります。
会社まで遠いと、出勤や帰宅で余計な時間がかかるので、やはり近い方が良いでしょう。

あともう一点付け加えると、
積極的に育っててくれる会社が良いです。

先ほども触れましたが、
会社や親方によって、積極的に育ててくれる会社か、手元仕事しかさせてくれない会社か。

本人のやる気や努力ではどうにもならない部分もあります。

「仕事は見て覚えろ」と言われるのが当たり前の時代もありましたが、
経験させてくれるかどうかで、成長スピードが全然違ってきます。

この辺は、面接などで判断するのはなかなか難しい部分でもありますが…

塗装工の求人広告を見るポイント

塗装屋で就職先を選ぶとき、絶対の答えはありませんが、
ネットや雑誌で求人広告を見る際は…、

  1. 考えが共感できる
  2. 働く環境が良さそう

という2点は、意識して吟味したいですね。

日当と休み・労働時間だけしか乗せていない企業は、僕としては選びません。
雑誌は広告スペースが限られていますが、インディードなどネットの求人は十分に文章が書けますので、想いや理念を見た方が良い会社に巡り合える確率は高まると思います。

お金も大事ですが、将来、塗装工として儲けることを考えたら、どこで修行するかは大事です。

まとめ

塗装屋は儲かるのか?という内容をお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

一昔前までの塗装の仕事は、ハウスメーカーや工務店など営業力のある会社の下請け仕事がほとんどでしたが、

最近ではホームページを上手に活用して、直接仕事を受注し元請けとして仕事をしている会社も増えています。

どんな職業や業界でも儲かっている人や会社、儲かってない会社がありますが、塗装屋は今後も需要が見込めるリフォーム案件の仕事もありますし、建築業界的には儲かる業種といえるでしょう。

塗装屋 独立

塗装業で独立する方法。準備して起業するのに必要なこと

2019年8月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)