MENU

すでに結果の出ている勝ちパターンでホームページを制作いたします。施工会社限定5社だけ特別価格

自己紹介

hashi kazuaki@SEO対策・WEB集客

地域密着ビジネス・中小企業のSEO対策・WEB集客のお手伝いをおこなっています。

⇒ご挨拶/実績と失敗談

 

検索するとどれも同じようなホームページが並ぶ中

  • もっと検索順位を上げて集客したい
  • 「ここの会社がいい!」と思って選んでもらいたい

このような思いを持っている企業様のサポートを行っています。

⇒無料相談フォーム

ホームページのこと、集客・SEOのこと、お気軽にご相談ください。zoomで無料相談、詳しくはこちら⇒

ワードプレスでホームページを始める方法。9つの手順とSEO対策を解説

ワードプレス、ホームページの始め方

こんにちは。
はっしーと申します。

こちらではワードプレスでホームページ方法をドメインを取得するところから具体的な手順を解説していきます。

私自身、Wordpressを利用したWEBサイトは100サイトくらいは作成してきましたので、経験に基づいたノウハウになっています。

また、SEO対策に必要な設定方法も交えてお伝えしていきますので、「ワードプレスでホームページを始めたいんだけど、どうしたらいい?」という方へ、参考にどうぞ

開設手順9つのステップ
  1. レンタルサーバーを借りる
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーにドメインを紐づける
  4. サーバーにワードプレスをインストールする
  5. ワードプレスの初期設定3つ
  6. テンプレートをインストールする
  7. 子テーマをインストールする
  8. ブログorホームページの設定
  9. プラグインをインストールし有効にする
目次

①レンタルサーバーを借りる

ノートパソコンと観葉植物
レンタルサーバーを借ります。

ドメインはホームページの「住所」にあたり、サーバーは「土地」に当たります。
なので、ドメインとサーバーはセットで用意する必要があります。

サーバーは表示の速さや使いやすさでエックスサーバーmixhostがおすすめです。

また、Xサーバーは新規契約でドメイン1つプレゼントキャンペーンを行っている場合があります。

その場合、Xサーバーを契約している間、ドメイン1つを無料で使い続けられます。

なので、Xサーバーを契約しただけで、1つホームぺージを持つことができ、
サーバーレンタル費用だけで継続できます。

「.jp」や「.co.jp」は、Xサーバーのドメイン永久無料キャンペーンの対象外です。

他に「ロリポップ」や「さくらサーバー」なども有名で、私自身過去に10社くらいのサーバーを使ってきましたが、Xサーバーが安定性や機能の使いやすさなどコストパフォーマンスが1番です。

Xサーバーは、1番安い月額1,000円のプランでも目安として月間50万PVくらいは耐えられるイメージです。
かなりアクセスの多い大規模サイトじゃない限りは1番安いプランで大丈夫です。
(耐えられなければ上位プランに変更可能)

一般サイト向け⇒エックスサーバー
大規模サイト向け⇒エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネスは、一般のXサーバーより大容量で表示速度が早いです。

ドメインはメールアドレスも取得できる

ドメイン名はメールアドレスとして使用できます。

sample.comでドメインを取得した場合
ホームページアドレスは「https://sample.com」
メールアドレスは「info@sample.com」となります。
@(アットマーク)の前は自由に決められます。
メールアドレスは、サーバーで複数作れます。
(サーバーによって数の制限が変わる)

ドメイン取得はムームードメインかお名前ドットコム

Xサーバー以外でドメインを取得する場合は、ムームードメインお名前.comのどちらかで取得しておけば間違いないです。

どちらでもOKです。

comやnetは時期によって新規取得の割引があるので、安い方で取得するのもアリです。
(どちらも2年目以降は通常料金)

どっちが使いやすい?と言われれば、
個人的にはムームードメインです。

どんなドメインが取得できるかは、各ドメインサービスで調べられます。

ドメインの意味

ドメインはhttp://~始まるホームページのアドレスになります。

  • com
  • net
  • jp

などが一般的で年間1,500円~

株式や有限で登記している会社はco.jpが取得できます。

ドメインとは
ネット上の住所に当たります。
名刺に記載したり、メールアドレスにも使用します。

ドメインの意味
  • com(コマーシャル)
  • net(ネットワーク)
  • info(インフォメーション)
  • biz(ビジネス)
  • jp(ジャパン)
  • co.jp(日本の株式会社)

あなたの会社が登記しているなら「co.jp」ドメインでホームページを運用することをおすすめします。
“ドメインの信頼度”が違うのでSEO対策にも有利な面が多いです。

②サーバーにドメインを紐づける

ドメインを取得して、レンタルサーバーを契約したらドメインをレンタルサーバーと紐づけます。

ドメインとサーバーを関連付ける手順は

  1. ドメイン側でネームサーバーを変更する
  2. サーバー側でドメインを追加する

これだけで完了です。

取得したドメインをXサーバーに紐づける方法はこちらを参考にどうぞ

ネームサーバーの変更方法

ネームサーバーXサーバー
Xサーバービジネス
ドメイン側ムームードメインの変更方法
お名前ドットコムの変更方法

SSLを設定する

Xサーバーにドメインを紐づけたらSSLも設定しましょう。

下記の場合以外は無料SSLで大丈夫でしょう。

  • 法人サイト
  • ECサイト
  • クレジットカードを使用するサイト

向けに有料のSSLを申し込むこともできます。

まずは無料SSLを申し込み、あとで有料に変更することも可能です。

SSLとは
SSLとはインターネット上の通信を暗号化する技術のことで、セキュリティ対策に欠かせません。

③サーバーにワードプレスをインストールする

Wordpress.com

サーバーにWordpressをインストールする方法は、とっても簡単です。

Xサーバー管理画面内の「Wordpress簡単インストール」ボタン

レンタルサーバーのログイン画面で「Wordpress簡単インストール」をクリック

対象ドメインを選びサイト名、ユーザー名、パスワードなど入力して確認ボタンをクリックするとインストール完了です。

⇒XサーバーでWordpressをインストールするマニュアル

最近はどのサーバーでも同じ手順でWordpressをインストールできます。

④ワードプレスをインストールしたらやっておくべき3つの初期設定

続いて、Wordpressのインストールが完了したら、

WordPressにログインして最初にやっておくべき設定についてお伝えします。

最初にやっておくべき設定は次の3つです。

WordPress立ち上げ時に行うべき3つの設定
  1. SSLを設定する
  2. パーマリンクの設定
  3. 更新情報サービスの設定

SSLを設定する

Really Simple SSL

サーバー側でSSLの設定をしたら、Wordpress側でもSSLの設定を行う必要があります。

やり方はとっても簡単で、プラグインの「Really Simple SSL」をインストールして「有効」にするだけでOKです。

WordPressの管理画面内で、
「プラグイン」→「新規追加」⇒「Really Simple SSL」を検索

パーマリンクの設定

Wordpress、パーマリンクの設定画面キャプチャ画像

パーマリンクを設定します。

WordPress管理画面内で、「設定」→「パーマリンク設定」⇒「投稿名」にチェックを入れます。

更新情報サービスの設定

Wordpress、更新情報サービスの設定キャプチャ画像

更新サービス情報は、新しい投稿を公開した際にその更新を自動で通知するサービスです。

WordPress管理画面内で、「設定」→「投稿設定」から更新情報サービスに下記をコピペすればOKです。

⑤【デザイン変更】テンプレートを設定する

スマホのGoogle検索画面

WordPressの初期状態で設定されているテンプレートは、ただただ日記を更新するだけなら特に問題ありませんが、SEOやデザイン、カスタマイズなど不便な点が多いのでテンプレートを設定しましょう。

テンプレートの設定方法は、

ワードプレス管理画面、「テーマ」→「新規追加」

管理画面から「外観」⇒「テーマ」⇒「新規追加」⇒「テーマのアップロード」を選択し、

ワードプレス管理画面「テーマのアップロード」

「ファイルを選択」から圧縮してあるzipファイルをインストールします。

ワードプレス管理画面「テーマのアップロード」

企業サイトやブログに適したテーマに変更することをおすすめします。

検索エンジンの上位表示に有利なSEO内部対策が施されたブログ・企業ホームページにおすすめのテンプレートはこちらを参考にどうぞ。

テンプレートは子テーマを利用すると便利

テンプレートは子テーマを利用すると便利です。

メインのテンプレートのほかに、「子テーマ」も用意しているテンプレートが増えています。

子テーマを利用するメリットは主に2つです。

子テーマ側でカスタマイズできる

子テーマ側のCSSでカスタマイズできます。
メインのテーマに手を加えずにカスタムできるので、何か不具合が生じた場合、テーマをデフォルトに戻しやすいです。

テーマがアップデートされたとき設定がそのまま維持できる

テーマがアップデートされた場合、メインは書き換えられますが子テーマはそのまま維持できるので、カラーや細かな設定など維持できます。

子テーマの設定方法

子テーマもメインテーマの設定方法と同じです。
メインのテーマをアップロードし「有効にせず」次に子テーマをアップロードして有効にします。

ワードプレス管理画面「子テーマ」

そうすることで有効にした子テーマに、メインのテーマが紐づきます。

⑥ブログかホームページかの設定

同じテンプレートでブログか、ホームページかを設定できます。

設定方法は、「設定」→「表示設定」から

ワードプレス管理画面「ホームページの表示」

ホームページの表示

  • 最新の投稿(ブログ)
  • 個別ページ(ホームページ)

トップページを任意の個別ページに設定してください。
(個別ページは最初に作成しておく必要があります)

最新の投稿を選択すると、投稿順に記事が並ぶブログタイプになります。

⑦プラグインを設定する

WordPressはメールフォームや、サイトマップ、画像の圧縮など、プラグインで対応できます。

セキュリティ強化や表示速度を速めるプラグインなど、おすすめのプラグインはこちらで解説していますので参考にどうぞ。

まとめ

以上のステップでWordpressを利用したホームページが開設できます。

すでに結果の出ている勝ちパターンでホームページを制作いたします。施工会社限定5社だけ特別価格 ホームページのこと、集客・SEOのこと、お気軽にご相談ください。zoomで無料相談、詳しくはこちら⇒
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる